雑記帳

らくがきなしだべり帳。ほんの時々。
映画、本、猫、私事 他。

 
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『八日目の蝉』 NHKドラマ版のはなし

『八日目の蝉』 て、映画化されるんですね
原作は読んでないんですけども、NHKでドラマ化されたやつを見たでした

NHKドラマ版、凄かったとおもうんですよね…、
主人公が 檀れい、娘が 北乃きい だったですが
檀れいの「女」を煮詰めて蒸留したようなかんじが …すごかった
ああああ「女」って…!…みたいな
ドラマ見ていて感じる 同族嫌悪感と同情 …みたいなもののリアル感が どうにもこうにも…みたいな
いや、リアルっていうより 生々しい っていうか〜

濃いドラマだったです
濃すぎて、もう一度見るかと言われたら、あんな疲れるドラマ、もう見たくない…(笑)
(褒めてます)放送中、ああいやだ、もういやだあああーと思いながら、結局全話見たんでした
6回のドラマで、じっくり感あったし、映像も音楽も すごくよかったとおもう
 
 
ひとつの作品を 別のメディアでつくりなおすとゆー話(外国作品の国内リメイク とか、漫画のアニメ化とかも含めて)を聞くにつけ
エー、既存の作品では物足らない、イメージ違う、作り直したい!っておもうのかなあ?、作り直したら良いことがあるかしらん…?とか、考えてしまうんですが貧乏性だからかなー、
まあたしかに、もっと予算があったら良いのに技術があったら良いのに作り直した方が良くなるよな…と思うものもあるけど
6時間のドラマですげえ良かったものを、2時間ちょいの映画にして良いことってあるかなあとかとか…
いやああるからやるんだろうけど 
 
そして、あのNHK版ドラマは、もしかしたら原作とはイメージが違ったりしたのかしら…原作読んだら、主人公は檀れい と 永作博美 と、どっちがどんなでどうなんだろー とか 気になってきたり…
ああでも、原作読みたくない!(笑)(きっとおもしろいだろうけど、絶対ぐったり疲れるに違いないから) 
映画版も見たくない…(笑)
それでちょっと葛藤してるんでした
いやよーするに 力のある作品だってことですね…

 
NHKドラマ版は
明日(19日)、NHKハイビジョンで一挙再放送があるらしいです


 
どらま | permalink | comments(0) | -

   

1000年にいちどほどの災害 だったそう…です ね…
TV情報を見詰めつつ、息苦しいきもちですが…
一日も早い平穏を お祈りしております…!

そして、国も 救助のかたがたもわんこも がんばってくれ…!と おもっているしかないわけですが
東電圏での節電計画も みんな 困難でしょうけどもがんばれ…
中部電力でもやろうぜ…と思ったですが、今以上の電力おすそわけはできんのだそうで(中電→東電では電気の周波数が違うから限界があるんだそうな)
そうなのかー…
手の届くところにできることがあったらいいのに…
(そんな簡単なことではないないない…)
せめて募金か。


長野県もあちらからもこちらからも揺れ揺れに揺れましたが、私の住処のあたりは、幸い、さしたる被害もなかったです。
 
 
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

NHK時代劇に ブーたれる

良質の時代劇を提供してくれるNHKですがっ!
今期はちょっと不満があるです キャスティングの面で。

いわゆる とっても私的な 好みの問題 で ブーたれ言う話です。すみません。

いや、完全に好みの問題ではありますけども、しかし 
どらまってのは、登場キャラのビジュアルって大事ですよねー、
設定に合ったビジュアル。つか年齢!


大河ドラマ『江』 は、今、非常ーに萌えどころだと私的におもう、
信長さまと、姪っ子の江姫の 交流エピソード中です
魔王・信長と、純真無垢な姫が心通わし、姫は幼いながらも信長に淡い思慕?…という なんちゅうおいしい話なのだーうおー!
年齢差萌え、人外×少女萌え属性 のある身には、たまらんところです
(信長さまは人外じゃないけど、でもまあそんな分類ですよね?心通わす存在のいない、孤高の生きものっつあたり...)
史実からすると、信長が本能寺で斃れるころ、江は8〜9歳
上野樹里ちゃんはカワイイです。かわいいけど…っ…!!… 
でもやっぱりここは、9歳の少女であるべきなんじゃないのーっ?!…

とても残念なのでした…


土曜時代劇『隠密八百八町』 もねー…、
幕府の不正を暴いたばっかりに暗殺されてしまった父親を持つ男が、世直しのために隠密チームを結成して行くとゆーお話なんだけども

主人公の子供時代が、濱田龍臣くん(龍馬伝で子供時代の龍馬役をやった、カワイイ子役ちゃん)で、
その35年後(44歳)が、舘ひろしさん …なんですよー
なんでやねーん!! 
舘ひろしさんってもう60歳の御方ですよ、江戸時代なら隠居の年ですよ!
道場一の剣の使い手で、堂々とした壮年の男性、でもワケありの過去があり、浪々の身、嫁もなく(引き取って育てている娘あり)、秘めた正義の心によって、危険な隠密行に身を投じる …っちゅーキャラを演じるには、いくらなんでもお年を召し過ぎてるでしょうー!
残念すぎる…!

30代後半〜40代にだって、いい俳優さんはいくらでもいるっちゅーになー…
ブー。




どらま | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

寒…

前の記事が暑中ですが 
明けましてをすっ飛ばして 寒中お見舞い申し上げます…
ついにわたしの住処のあたりも、マイナスふたケタ気温がやってくるようになり
寒い…寒いので
ついに 最終兵器 を取り出しました
重量が1.3キロ(!)もある、分厚いウール100%のカウチンカーディガンです
ハッキリ言って重い!ですが、暖かさは最強。
大概の寒さはこれでシャットアウトでき、
寒さによる肩こり・ストレス>>重みによる肩こり なのです
どう見ても外着ですが、部屋着で使用
 
巷ではなにやら、今年はカウチンカーディガンは流行?なんですかね?、
薄手で軽くてオサレーなものもたくさんあるみたいですが
けっ、カウチンカーディガンってのは防寒着で、厚くて重くて毛玉いっぱいで着膨れするもんなんですよー!(←虚勢)

ぶ厚いウール製品大好きです。ぬくぬく。

| permalink | comments(0) | trackbacks(0)

残暑お見舞い申し上げます...

お元気ですかー?
ほんとに今年は…ありえん暑さです
例年なら、わたしの住処のあたりが30度を超すことって珍しい…ハズなんですが、今年は当たり前のよーに何週間も…!
ありえんー!…

この猛暑で、…マリモが死んでしまいました…うううっ
緑色の小さな藻のかたまりで、今までは、夏にダメージ受けても、水洗いして丸めなおしてやればなんとか大丈夫だったんですが、
しまった! だ だめだった…ウワーン!

あんな喋りもしない生きてんだかなんだかわからん小さいモノでも、長く一緒にいたものがいなくなるとさみしい …っ(涙)



在りし日のマリモ… ジャックとスティーブン… わーん…
| permalink | comments(1) | trackbacks(0)